建築設備とは

◆ 建築設備の位置づけ

  建物は、意匠、構造、建築設備で構成されています。 よい建物は、技術設計者、構造技術者、設備技術者、この3つの技術力が一体となって生まれます 。

0419協会握手_建物(25_480).jpg

  一般社団法人埼玉県設備設計事務所協会の会員は、建築設備の設計監理を業として行っております。

◆ 建築設備の重要性

 建物の構成要素である「意匠」は容姿で、「構造」は骨格、「建築設備」は頭脳、神経、循環器、消化器、血管等に該当します。従って、建物がその機能を十分発揮するためには、「設備設計」の役割が大切です。

 

 

◆ 一般社団法人埼玉県設備設計事務所協会の位置づけ

                  −設備設計事務所を会員とした公益法人の団体−

 当協会はお客様のために、行政・各種団体との両輪で、良い建築設備すなわち高品質で低コストの創造に寄与しています。

 協会では、公益的な事業や会員間での技術研鑽に努め事業を行っています。なお、協会は正会員と賛助会員とで構成しています。

0419協会握手原型_1_.JPG